怒り新党・新3大調査会のまとめ

マツコ有吉の怒り新党の人気コーナーの「新3大○○調査会」の特集をしています。
 

2014年10月17日

【20141015】怒り新党・新3大「すぐに死んじゃうゲーム」

-スポンサードリンク-


今回は大人から子どもまで一度はしたことであるゲーム特集。

題して、新3大「すぐに死んじゃうゲーム」です。

そして、扱うゲームの種類は古今東西の「なんでこんなところで死ぬのか?」とプレイヤーをイライラさせる、そんな理不尽なゲームオーバーを集めました。

1015.jpg


【1】1991年発売、ドラゴンズ・レア


ファミコン用ソフトですが、聞いたことないですね。まぁ、ファミコン用ソフトはピンキリですからね。無名なものは本当に無名ですし。

さて、アメリカで作られたこのゲームの最大の特徴は「操作性の悪さ」です。もはや、この地点で致命的な気もしますが(笑)

ゲームを始めて最初のステージ、ただ橋があり、それを渡るだけの簡単なステージ。誰もがそう思っていたのですが、普通に歩くだけでいきなり端が崩れて即死。

1015a02.jpg

もはや「建てつけが悪い」「欠陥住宅」としか言いようがない脆さ。

そこから橋が崩れるポイントに気をつけてジャンプすると、着地点に絶妙なタイミングで下からドラゴンが登場。

1015a03.jpg

あかん、これはゲームやってたらイライラすると思うわ(笑)

トライアンドエラーの繰り返しで、全部のマップで何が出てくるかを覚えないといけない系のゲームでしょ、たぶん。

初めて買ったソフトでこれだったら発狂してしまいそう。

本当に昔のファミコンのソフトは当たり外れ大きかったし、そんな何個もソフト買ってもらえるわけでもなかったから、1個のソフトにかける情熱って大きかったですけど、これはすぐに挫けそう(笑)

そしてなんとか橋の崩れとドラゴンを超えて城門前に来て、「さぁ、門の先へ行ったらゴールだ」と思ったら、まさかの門に触れたら死亡!!!

1015a04.jpg

いやいやいや、それはなしやろ???

城の門を開けるにはドラゴンを倒さないといけないのですが、そんなもんいくら昔のゲームとはいえ、ノーヒントでわかるわけないし(笑)


【2】1986年発売、トランスフォーマー・コンボイの謎


これは僕も知っていますわ、たぶん実際にやったことのあるゲームだと思います。

有識者も「開始5秒で死ねる」と豪語するこのゲーム。果たして、どんなものなのか?

軽快なBGMに乗ってスタートするやいなや、向かってきた戦闘機にぶつかってドカーン。

1015b01.jpg

挫けずに2度目の挑戦。

今回はスタート地点から動かずに戦闘機を倒すために弾を発射するコンボイ。

しかし、何もしていないのにいきなり爆発して死亡。

1015b02.jpg

もはや何が起こったのか全くわからない・・。

ここで解説が入り、実は弾を撃たれてコンボイは破壊されたというのだ。ただし、その敵が発射した弾は背景の山と同化して「プレイヤーには見えない」とのこと。

1015b03.jpg

いやいやいや、無理ゲーやん!!!

スタート地点の時点で難易度高すぎるって・・。


【3】2008年発売、QWOP


3つ目は割と新しい作品で、パソコンゲームだそうです。

陸上競技のゲームですが、リアルを追及しつくしたゲームとのこと。

・・というか、陸上競技で即死ってどういうことやねん?

まぁ、とりあえずはゲームスタート。

100mを走るゲームで、4つのキーである「Q」「W」「O」「P」を使って、とにかく完走すればOKというゲーム。

「足を前に出す」「膝を曲げる」という動作を右足と左足で組み合わせながらバランスを取って走るのですが、これがかなりの難易度で初めてプレイする人は前にも進めないというレベル。

1015c01.jpg

1015c02.jpg

ただ、走るだけなのにこんな格好になる始末。

スタートを切ることすらできないという難易度の高さ。

結局は立ち上がることができず、「ヒザずりずり走法」という陸上競技から程遠い走り方で半分くらいまで行くも、まさかのハードルが登場(笑)

1015c03.jpg

これは鬼の難易度やろwww

それでもなんとかゴール目前の97m地点にきた時に、プレイヤーを絶望のどん底へ叩き落す仕組みが登場。

それは「ジャンプしろ」という指示(笑)

当然ながらジャンプできるわけがないのでそのまま進むと、とりあえず完走www

全くスッキリしないし、やりきった感がない。


追伸


個人的には「くまのプーさんのホームランダービー」が出ると思ったんですけどね。

ステージが進むごとに難易度が上がりまくり、絶叫必須となるゲームで、一部で大人気だったりします。

ステージ後半の消える球や変化球に発狂数する人続出です(笑)



これも無料でできるゲームなので興味を持った方はぜひプレイしてみてください。


■■■【過去の新3大の記事一覧】■■■

過去記事一覧です、見逃したものはありませんか?


-スポンサードリンク-


posted by マツコ有吉 at 01:45 | Comment(0) | 怒り新党 新3大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。