怒り新党・新3大調査会のまとめ

マツコ有吉の怒り新党の人気コーナーの「新3大○○調査会」の特集をしています。
 

2014年11月25日

【20141119】怒り新党・新3大「豊田真奈美の技キレキレ試合」

-スポンサードリンク-


今回は女子プロレスからのチョイス。

題して、「豊田真奈美の技キレキレ試合」です。

これまで何度か女子プロレスからピックアップしてきましたが、今回は「女子プロレスの技の華麗さ」に注目しているそうです。

北斗晶・アジャコングの後輩として一時代を築いていた豊田真奈美。得意技のジャップ技の華麗さから「飛翔天女」というあだ名までつけられていました。

1119.jpg

しかし、すごいな。この跳躍力・・。

111901.jpg


【1】VS井上京子戦


手を使わずにロープに足を書け空を飛び、そのまま相手の裏に回り、固める。

111902.jpg

111903.jpg

111904.jpg

マジでこれ、人間業かよ・・・。

すげーな、めっちゃ高く飛んでるし。しかも、ムーンサルト3連発とか。

111905.jpg

111906.jpg

このキレキレの応酬が45分も続いたという伝説の試合。
50分を過ぎても飛びまくる。
そして、結果的にタイムアップでの引き分けとなる。

この試合は日本だけでなくアメリカでも大絶賛されたそうです。


【2】VSアジャコング戦


「WWWA世界シングル王座」を持つアジャコングとの一戦。
全日本女子プロレスの頂点を決めるこの戦いに、豊田真奈美の大技が唸るか?

体重差も大きく、アジャコングに一方的にやられる豊田真奈美。

111907.jpg

もうヘロヘロで虫の息。勝利を確信したアジャコング。

しかし、その一瞬の隙を見つけて反撃に回る豊田真奈美は、本当に回りまくる!(笑)

111908.jpg

アジャコングを抱えながらゴロゴロとリングを回るこの技は、三半規管を狂わせる恐ろしい技なのです。

朦朧とするアジャコングに更なる大技で試合を決めるのでした。

アジャコングを肩車して、そのまま後ろへドーン!

111909.jpg

111910.jpg

アジャコングって100kgはあったみたいだけど、これはかなり危険な技じゃね?

この大技が決まり、アジャコングに勝利し、頂点に立つのでした。


【3】VS北斗晶戦


豊田真奈美の希望により、女子プロレス界のカリスマとの戦いが決定。

豊田真奈美は自身の大技を何度も繰り出すが、北斗晶にそれをうまく返される。

111911.jpg

111912.jpg

圧倒的な強さを誇る北斗晶も何度も技を受けても立ち上がり、両者の意地がぶつかり合う試合となりました。

もう残り一撃しか繰り出せない、それくらいの体力しか残っていない豊田真奈美は、最後の一撃として掟破りの技を繰り出すのです。

それは今まで一度もやったことのない北斗晶の必殺技である「ノーザンライト・ボム」を北斗晶自身にぶつけるのです。

111913.jpg

111914.jpg

これは場内も騒然ですよ。

それを2発繰り出し、遂に豊田真奈美は女子プロレス最強となり、新時代の幕開けを宣言したのでした。


■■■【過去の新3大の記事一覧】■■■

過去記事一覧です、見逃したものはありませんか?

-スポンサードリンク-


posted by マツコ有吉 at 02:38 | Comment(0) | 怒り新党 新3大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。